大規模修繕をするなら見積もりが大前提になる
ロゴ

見積もりをすれば怖くない【大規模修繕を成功する術】

大規模修繕をするなら見積もりが大前提になる

作業員

少額でできるもの

マンションの外壁を大規模修繕するためにはだいたいタイル洗浄で510円、ひび割れ補修で1710円、吹き付けタイル塗装で1830円が平均の金額となっています。ですので、見積もりの時にそれ以上の費用を請求してくる業者は避けた方が無難です。

中額の工事

見積もりの段階では、階段の手すりを補修をするのには1550円、玄関ドア枠を直すには3910円、避難ハッチなら3060円となってます。大規模修繕の中では高額な部類には入らないかもしれませんが、チリが積もれば高くつくことになるので、早めに対処をすると良いでしょう。

高額になりがち

大規模修繕でしかできない給水管の更新は3600円、更新は6200円、揚水ポンプ改修は11700円が発生します。また、高層階なら確実についているエレベーターの内部を改装する場合は10100円、扉を直す場合には47500円がかかります。見積もりをして払える自信がないのであれば、月々いくらかに分けて払うことができるかどうか専門業者に訊いておくと良いでしょう。それでも厳しい状況が続くようなら、金融機関や独立法人住宅金融支援機構というところから融資を受けるのが利口です。そうすることによって、毎月決められた額を返済することができ、住民に安全を提供することができるでしょう。

支払い方法

  • 一括前払い
  • 一括後払い
  • 分割払い

工事内容を調べておく

知識もなく専門業者に依頼してしまうと、勝手に不要な工事を進められてしまう事も考えられます。ですので、大規模修繕の計画書を見た時に、どういった内容なのかを監視しておくのが得策と言えるでしょう。

広告募集中